0120-504-195

受付/9:00~18:00 定休日/水曜日

来場予約 来場予約
イベント イベント
TEL TEL
HOME 〉家づくり・インテリアコラム  〉ミッドセンチュリー  〉家づくりスタイル  〉【レトロおしゃれ】ミッドセンチュリーな家のデザインポイントvol.1

【レトロおしゃれ】ミッドセンチュリーな家のデザインポイントvol.1

今、若い世代にも人気のレトロでおしゃれなミッドセンチュリーデザインのインテリアスタイル。アメリカの20世期中盤、日本では昭和ど真ん中に生まれたデザインスタイルですが、今なお色あせず現代のお家でもしっかり取り入れることができます。どこか懐かしい、でもモダン。そんなミッドセンチュリーなお家を作っていく時のポイントをご紹介していきます。

レトロでおしゃれなミッドセンチュリーを現代の住宅に合うようにマッチさせる

ミッドセンチュリーについてご存知ない方もいると思いますので、はじめに簡単に紹介したいと思います。

ミッドセンチュリーとは、アメリカ発祥のデザインスタイル。20世期真ん中(つまり、1950年前後)に生み出されたデザインスタイルのことです。時代は第二次世界大戦終了後のアメリカ。経済が回復し工業製品が大量生産される中で、インテリアのデザインスタイルも変わっていきました。

これまでの木材だけで作られた自然たっぷりのインテリアから、プラスチックや合板などが取り入れられたデザインに。しかし、工業製品としてのインテリアの中にレトロさが宿っているところが、今でも愛されているこのデザインスタイルの秘密です。

シンプルさと大胆さが融合されたデザインは、機能性とおしゃれさを両立したモダンなデザイン。現代の住宅の雰囲気にもうまく取り入れることができるので、若い世代にも人気があるのです。
今回は、そんなおしゃれでレトロな雰囲気を醸し出すミッドセンチュリーデザインのポイントをいくつか紹介していきます。

レトロおしゃれなドアノブ

シンプルなドアにシンプルなドアノブを組み合わせよう

他の記事でも何度も紹介していますが、ドアのデザインは本当にお部屋や家の雰囲気をガラッと変えてくれます。

ミッドセンチュリーのお家を目指す時にも大事なポイントになってきます。おすすめはシンプルでフラットなドアデザインです。少し無機質に見えますが、おしゃれなデザインですよね。

ここでのポイントはドアノブとの組み合わせです。無機質だけどレトロさを感じる、そんなミッドセンチュリーの良さを感じるために、ドアノブにとことんこだわってみましょう。

ドアノブに金属素材を組み合わせよう

ドアノブには、金属素材を使用するとレトロさとおしゃれさが格段にアップします。特に金色の素材は、見た目としてもポイントにもなりますが、使っていく中での風合いがまた楽しいものになります。そんな変化を感じることも、レトロさを演出するための大事なデザインポイントですよ。

目で見ても、触れても心地よい、そんなミッドセンチュリーなドアを取り入れてみませんか。

レトロおしゃれなフローリング

パケットフローリングを取り入れよう

ドアの次は、床にもこだわってみましょう。ここで紹介するのは「パケットフローリング」です。初めて聞いた方もいるかと思いますが、パケットフローリングとは、寄木のようなタイルを組み合わせたデザインの床材です。昔の家にはこういう床多かったですよね。これも立派なミッドセンチュリーデザインの仲間です。

現代のお家の取り入れてもモダンでお洒落になりますよ。ダイニングやキッチンに取り入れるのも人気のスタイルです。ぜひ、床からレトロさを演出してみてください。

今後のデザインポイントもお楽しみに

今回は、ドアや床について紹介してきましたが、ミッドセンチュリーのデザインの魅力のほんの一部にすぎません。今回はvol.1ということで、今後も参考にしていただけるようなデザインポイントを紹介していきますので、ぜひ楽しみにしていただければと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

自然素材のブルックリンスタイルデザイン注文住宅なら群馬全域対応(前橋・高崎・渋川・太田・伊勢崎)のラスタ工務店最新の話題をお届けします。

家づくり無料草案会ほぼ毎日開催中!

お金のこと、土地探しのこと、間取りやデザインのこと、
家づくりのことならどんなことでもその場で相談できます。

  • 平日に
    じっくり相談
  • 平日
    お仕事終わりに
    相談
  • 休日家族と
    一緒に相談

0120-504-195

【受付時間】9:00~18:00  【定休日】水曜日