0120-504-195

受付/9:00~18:00 定休日/水曜日

資料請求 資料請求
イベント イベント
TEL TEL
HOMEナチュラル建築ブログ建築 〉外観の美しさ。その2(ドイツスイス編)
2018/10/31 (水)

外観の美しさ。その2(ドイツスイス編)

外観の美しさ。その2の話です。ドイツやスイスの街並みを散策していると、かなり古いアパートに出会いますが、街並みに馴染んだ、美しいデザインに目を奪われます^^

vol.23

おはようございます。

いつも読んでいただいてありがとうございます。

群馬で自然素材でおしゃれな家を作っている七里です。

 

本日は朝四時半に起床しましたが、

目覚ましを止めた後、

寒さで再度、布団に潜り込んだら、

二度寝してしまいました。。。

 

実は先週も全く同じことがあり、

二回目の失敗です。。

二度寝すると、その時は至福の時ですが、

起きたときに自己嫌悪に陥ります。。。

 

対策としては、

①タイマーで、起きる30分前に

エアコンの暖房を入れる。

②布団の足元に衣類を置き

起きたらすぐに着れるようにする。

この2つで乗り越えようと思います!

 

本日は、外観の美しさ。その2(ドイツスイス編)です。

写真は、スイスの街並みを

散策した時の写真です。

スイスもドイツも、駅の周辺に建ってるのは、

ほとんどが、アパートです。

戸建てのものは、ほぼ見かけません。

 

アパートの中でも、

古典的なクラシカルのものや、

 

近年建てられた、

モダンなものもあるのですが、

 

素材や、パーツ、色彩やデザインが、

うまく調和されていて街並みに馴染んでおります。

 

上の画像は、築年数がかなり経つ

大型のアパートです。

 

外壁を塗り替えておるのか、かなり綺麗です。

窓の開口が大きくて、均一に配置されているのが

素敵にみえますね。

 

窓の大きさとバランス、配置は、

建物を美し見せるための要素です^^

 

ドイツやスイスでは、新築よりも

古い建物をリノベーションしながら、

建物を活かすことのほうが主流のようです。

理由は解体してゴミを

できるだけ出さないようにするため。

こちらも散策中に出会ったアパート

 

両隣のアパートと繋がっており、

途中から塗り分けされており、

別棟のように見せています。

窓の配置と、窓の周囲の白い窓モールも

綺麗ですね。

 

綺麗な外観のベースがあると、

将来リノベーションする時でも、

簡単な色直しだけで済む場合もあります。

 

そのためには、

『あの時代に流行っていたデザインだよね』

って思われないように

クラシカルなデザインだけど、飽きがこなくて、

どの時代でも受け入れられる素敵なデザイン

でないといけないと思うんです。

 

ヨーロッパ(アメリカもそうですが)には

そんなデザインベースが、どの建物にも

宿っている気がします。

 

日本だと○○スタイル、○○スタイルと

造語のスタイルが色々ありますが、

 

ヨーロッパやアメリカだと、

そんな○○スタイルという概念はなく、

古典的なクラシカルでも、レトロでも

どの時代でも受け入れられる、

街並みに溶け込む普遍的な

デザインのベースがあります。

 

そこを押さえて、住宅のデザインをしていくことが

永く愛される住まいを作るうえで、

大切だと思うんですよね^^

 

ではでは~。

もしインスタグラムやっていたらぜひフォローしてくださいね~^^

『BROOKLYN STYLEのお家』がPanasonicさんのCMに使われました^^
お問合せ専用ダイヤル 0120-504-195 営業時間 10:00~18:00(定休日/水曜日)
来場予約
資料請求

アーカイブ