0120-504-195

受付/9:00~18:00 定休日/水曜日

資料請求 資料請求
イベント イベント
TEL TEL
HOMEナチュラル建築ブログ 〉ドイツでの『雨戸』
2018/11/05 (月)

ドイツでの『雨戸』

ドイツでの『雨戸』の話です。ヨーロッパでよく見られる雨戸は、装飾の美しさと機能性を兼ね備えています^^

vol.28

おはようございます。

いつも読んでいただいてありがとうございます。

群馬で自然素材の

おしゃれな住宅を作っている七里です。

 

今朝、ニュースを見たら羽生結弦選手が

フィギュアスケート グランプリシリーズで優勝!

しかも、世界初の大技を決めての優勝!

すごすぎる!

 

最近、ニュースにでないから

怪我でもされているのかなと思ったのですが、

新しい挑戦に向けて

コツコツ努力を積み重ねていたんですね。。。

その飽くなき探求心に脱帽です。。

 

日々進化!

私たちも見習わなくては!

 

本日は、ドイツでの雨戸のお話です。

 

ドイツに行ってきたときの写真です。

あちらのヨーロッパではスタンダードな雨戸。

 

日本では、雨戸というと

上から降ろすシャッターや、

引戸の雨戸を思いつきますが、

 

あちらで目に付くのが、この開閉式の雨戸です。

実際に開閉はもちろんですが、

雨戸の中央のレバーを、上げ下げすると

ルーバーが開閉して、通風もできます^^

飾りとしての雨戸にみられますが、

多能的です。

 

デザインも優れていて、

建物を美しく保つ要素もあり

機能性もいい。

 

ものづくりをしていると、

どちらかに比重を置きがちですが、

 

出来るだけ、美しさと機能、

両方を追求することが大事だということを

改めて、学んだ気がします。

 

ではでは~。

もしインスタグラムやっていたらぜひフォローしてくださいね~^^

『BROOKLYN STYLEのお家』がPanasonicさんのCMに使われました^^
お問合せ専用ダイヤル 0120-504-195 営業時間 10:00~18:00(定休日/水曜日)
来場予約
資料請求

アーカイブ