0120-504-195

受付/9:00~18:00 定休日/水曜日

来場予約 来場予約
イベント イベント
TEL TEL
HOME 〉家づくり・インテリアコラム  〉家づくりスタイル  〉ブルックリンスタイル  〉【あったかい家】断熱方法の秘密を知って冬でも快適なおうちづくりを

【あったかい家】断熱方法の秘密を知って冬でも快適なおうちづくりを

みなさんは、お家を設計される際、「断熱方法」や「断熱材」に強く関心を持たれているのではないでしょうか。断熱効果は、暖房の効率にも影響しますし、結露やカビの発生の有無にも影響を与えます。一生に一度の大きなお買い物。長く、快適に住んでいくために、あなたのお家にぴったりな断熱方法を考えていきたいですよね。この記事を通して、そんな皆様のお役に立てれば幸いです。

外断熱と内断熱の違いを理解しよう

外断熱とは?

まず、外断熱工法についてご紹介しましょう。外断熱とは、その名の通り、住宅の柱の外側から断熱材で包み込む施工法のことです。内断熱と違い、断熱材が柱・梁の外側にあります。そのため、隙間なく覆うことができるので、断熱性も高く、気密性も安定しているという特徴があります。

内断熱の特徴は?

次に、内断熱工法についてご紹介しましょう。内断熱とは、ずばり断熱材を建物の内側に入れる工法のことです。具体的には、プラスチック素材や天然繊維の断熱材を使用し、柱の隙間に吹き付けたり敷き詰めることで断熱を図る方法です。断熱材の種類は豊富にあり選ぶことができ、素材によって機能面はもちろんコスト面も変わってきますので、お家ごとにバランスを見て選択していくことができますね。

外断熱工法はメリットがたくさん

外断熱の最大のメリットは、その気密性にあります。内断熱とは異なり、構造材や軸組ごと外側から包み込むように断熱材が入りますので、気圧の影響を受けにくくすることができます。そのため、外気と室内の温度差も少なくなり、結露ができにくくなるのです。建物内部の結露は、カビやアレルギーの原因にもなるといわれていますので、外断熱の住宅であれば冬でも快適に過ごすことができるでしょう。

ラスタ工務店は外断熱工法のポリスチレンフォーム素材を使ったお家

ポリスチレンフォームという素材をご存知ですか?

ポリスチレンという素材については聞いたことがある方も多いかもしれません。魚屋さんの箱もよくこの素材が使われています。水に強く、結露もできないというのが大きな特徴です。断熱素材としてもこの特徴が大きく働いてくれます。外気と室内の温度に差があっても、結露が防げるのでカビの心配もなくなりますね。

ポリスチレンフォームの外断熱について

ポリスチレンフォームは、原材料であるポリスチレン樹脂をビーズ状にしたものから作られています。実はこのビーズ状の粒子の中には空気が含まれています。この空気が断熱材としての効果を高めてくれるのです。

なぜ、ポリスチレンフォームの外断熱を選ぶのか?

ポリスチレンフォームは、耐久性の面でも高い効果があると言われています。長く住まう上で、お家の快適性に関わる断熱材の耐久性はとても大事なポイントですよね。外気を遮断してくれる外断熱工法に、ポリスチレンフォームはピッタリの素材なんです。また、ポリスチレンフォームは水にも強いところもメリットですね。外断熱工法の特徴でもある、結露が生まれにくいというメリットをより強力なものにしてくれるのです。

断熱を極めて身も心もあたたかいお家をつくろう

今回は、断熱方法の違いはもちろん、ラスタ工務店が採用しているポリスチレンフォームを使った外断熱工法のメリットもご紹介させていただきました。気密性も断熱性もそして健康にも優しい断熱方法を改めて考えるきっかけにしていただければ幸いです。冬でもあたあたかい快適なお家を、一緒に実現していきましょう♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

自然素材のブルックリンスタイルデザイン注文住宅なら群馬全域対応(前橋・高崎・渋川・太田・伊勢崎)のラスタ工務店最新の話題をお届けします。

家づくり無料草案会ほぼ毎日開催中!

お金のこと、土地探しのこと、間取りやデザインのこと、
家づくりのことならどんなことでもその場で相談できます。

  • 平日に
    じっくり相談
  • 平日
    お仕事終わりに
    相談
  • 休日家族と
    一緒に相談

0120-504-195

【受付時間】9:00~18:00  【定休日】水曜日